• 高校生の方へ
  • 大学生・社会人の方へ
  • 在校生・保護者の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 企業・施設の方へ

作業療法学科

作業療法学科についてOccupational Therapist

人の心に寄り添い、日常生活をサポート

作業療法士とは、心身に障がいを持つ人に対して、さまざまな作業を通して、医学的治療と訓練を行い、身体機能の回復と心のリハビリを行う専門家です。
児童から高齢者まで幅広い対象者の「よりよい日常生活」を援助するとともに、社会復帰の実現を目指していきます。

目指す資格

作業療法士(厚生労働省国家資格)

卒業と同時に得られる資格・称号

作業療法士国家試験受験資格
高度専門士※『大学院』への入学資格が得られます。

活躍の場

病院/リハビリテーション施設 職業センター 身体障害者福祉センター
保健所/保健センター 精神病院 精神保健福祉センター
精神障害者社会復帰施設 小児病院 児童福祉施設
養護学校 老人保健施設 特別養護老人ホーム
老人デイサービスセンター 訪問リハビリテーション

学びのポイント

卒業と同時に「学士」と同等の
「高度専門士」の称号が得られます。

本学科では卒業時に、大学卒業の「学士」と同等と認められる「高度専門士」の称号を得ることができます。
このため、大学院への進学を考える場合、受験資格が大学卒業者と同じになります。

臨床経験の豊富な教員が、指導にあたります。

各臨床分野のエキスパートが教育します。
身体障害、発達障害、精神障害の臨床経験をもつ教員が授業を担当。臨床現場での厳しさややりがいもよく分かっている先生たちが、学生たちの指導にあたります。

個別指導・模擬試験など、きめ細かな指導で、
国家試験の合格に向けてサポート!

2、3年次から模擬試験を実施し、専門基礎分野の国家試験問題に触れる機会をつくっています。4年次には10月から本格的な国試対策を開始。独自のカリキュラムで、知識の関連性や根拠について理解を深めていきます。
また、模擬試験を頻回に実施し、その結果を個別に分析。理解度・習得度について学生自身が確認できるようにしています。成績が伸び悩んでいる学生には、専任の教員が学生一人ひとりに合わせた個別指導や対策を行い、国家資格取得に向けてフォローしていきます。

時間割※作業療法学科(2年次の例)

  月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日
1講時
9:00~10:30
内科学 II 整形外科学 病理学 作業療法概論 III 基礎作業学実習 II
2講時
10:40~12:10
作業療法評価法 I 身体障害 I 老年期障害 I 運動学 II 基礎作業学実習 II
昼休み
3講時
13:10~14:40
神経内科学 英語 II 基礎作業学 精神障害 I 基礎作業療法実習 II
4講時
14:50~16:20
保健体育実習 II 神経内科学 評価学実習 I 地域作業療法学実習 生化学

ピックアップ カリキュラム

<1年次>1・2年次合同ゼミ発表

 ゼミ本来の目的は学問的知識や技能の追求にありますが、本学科で行うゼミでは、1・2年生の交流を目的に行っております。共通課題に取り組む中で先に入学した先輩として、また先輩の後ろ姿に自身を映し出す後輩との双方向的な関わりの中で、充実した学生生活や人と対峙する職種の理解に繋がることを期待しています。

<2年次>基礎作業学実習 Ⅱ

 ”心が動けば体は動く、体が動けば心も動く!!” ゲームや歌うことなど楽しさを通して生まれる対象者同士の相互作用を理解し、ココロとカラダに前向きな変化をもたらすことを目的に行う実習授業です。

<3年次>身体障害実習 Ⅱ

 身体障害領域の作業療法で使用されている様々な検査機器や評価法を用いて実践演習を行います。
また、日常生活活動に関わる姿勢・動作分析についての方法や演習を行います。
 人の機能や活動を観るには客観的視点と主観的視点が必要であり、問題となっている障害の原因を追究し、有効な支援方法を考える授業です。

実習への取り組み

1年次 臨床実習Ⅰ(見学実習)(2月中旬)

旭川近郊の実習施設にて1週間の見学実習を行います。対象者とのコミュニケーションの実践や実際のOT業務を間近で見学し、職業観や学習への意欲を高めるための実習です。

2年次 基礎作業学実習Ⅱ(介護体験実習)(9月下旬)

1泊2日の日程で老年期分野の療養施設に行き、生活支援や介護について学びます。介護体験を通して、生活支援に必要な知識や技術、心を通わせた対象者との関わりについて多くのことに気付かせてくれる実習です。

3年次 臨床実習Ⅱ(評価実習)(7月~8月)

実際の対象者に対して検査・測定を実施し、評価技術の正確さや、信頼性を高めることが目的です。また、様々な痛みや不安を抱える対象者との関わりの中で、専門職としての態度や考え方を学ぶ実習です。

4年次 臨床実習Ⅳ(総合実習)(5月~7月)

3年次の実習経験を踏まえた集大成となる臨床実習です。実習指導者の指示のもとで一連の作業療法プロセスを経験します。専門職としての臨床能力だけでなく、責任感や主体性を養い、一人前の職業人として羽ばたいていける力を育成します。

教員紹介

学科長 川上 和敏

担当教科 解剖実習Ⅱ/作業療法評価法 Ⅰ/身体障害実習 Ⅰ・Ⅱ

人との触れ合いがある仕事がしたい。医療や健康に関わる仕事がしたい。と考えているあなたは、ぜひ作業療法士を目指してみませんか。治療・訓練を通して、多くの責任感ややりがいを得ることができる仕事です。

西口 嘉和

担当教科 日常生活活動 Ⅰ/義肢装具学実習/高次神経障害

作業療法の魅力は”選択”できること。それは働く場所であり、仕事内容であり、あなたの人生そのもの! 自分で自分の仕事・人生を組み立てたい人、そう思うあなたにとって「作業療法士」という職業は最良の”選択”となるでしょう。

武田 朋恵

担当教科 人間発達学/発達障害実習

発達障害分野を担当しています。
対象者に対して支援しつつも、自分自身も対象者から学ぶ機会をもらえる、作業療法士はそのような自己成長を感じられる、魅力的な職業です。ぜひ私たちの仲間になりませんか。

石井 綾子 (作業療法学科 4回生)

担当教科 運動学 Ⅰ・Ⅱ/ADL実習 Ⅰ・Ⅱ

作業療法士は、対象者さんの痛み・葛藤・再起に一緒に寄り添い理解し、対象者さんとその周囲の家族の生活・環境変化も含め適応・再構築を考えながら、ともに成長していける職業です。
楽しさや、やりがいを多くの後輩に伝えたいです。

鈴木 渉 (作業療法学科 5回生)

担当教科 作業療法概論 Ⅰ/評価実習 Ⅰ/基礎作業学/老年期障害 Ⅰ

作業療法士の仕事は、利用者が生きがいを感じる生活の再構築に関わることができる大変魅力のある職業です。一人でも多くの人に作業療法の魅力をお伝えできれば幸いです。

三浦 太一 (作業療法学科 6回生)

担当教科 人間関係論/精神障害実習 Ⅱ

作業療法士とは、対象者の気持ちや声、痛みを感じ取り、それらを自分の思いや知識を持って向き合う職業である。大切な事の多くを母校である当校で学ぶ事が出来ました。今そう思える事に感謝し、後輩達に伝えていきたいと思います。

学生の声

作業療法学科 3年 木村 志織さん (旭川商業高等学校 出身)

作業療法士を目指したきっかけや今後の目標
木村 志織さん

 作業療法士を目指したきっかけは、家族のためになる仕事に就きたいと思ったからです。人と話すことが好きな私にとって対象者の思いに寄り添うことができるこの職業が、向いているのではないかと思いました。1年生の見学実習を通して最初に興味を持った発達分野に加え、他の分野にも強く興味を抱きました。2年生は、専門的な授業が多くなります。今後は基礎を固めつつ、対象者の思いを聴き出す能力を実習で身につけたいと思います。

作業療法学科 2年 川本 宏太さん (深川西高等学校 出身)

ホクホに決めた理由
川本 宏太さん

 オープンキャンパスでの先生方の親身な対応や、先輩・後輩との縦の繋がりが、距離感が近く、とても温かく感じたこと、また、学校行事やサークル活動を通じて日々の学校生活が楽しいものになると思い北都に決めました。実際に入学してみると思っていた通りで、今、毎日がすごく充実しています。

作業療法学科 2年 森 絵莉香さん (旭川東栄高等学校 出身)

授業を通じて感じたこと
森 絵莉香さん

 北都に入学して約1年が経ちましたが、日々勉強の難しさを感じています。医学の基礎である今の勉強は、知識を詰め込むだけではなく、理解しなければ将来には繋がりません。特に運動学、解剖学、生理学などは、今後、作業療法士を目指す上で重要となる分野なので、帰宅後も毎日しっかりと復習し、もっと知識を定着させていきたいです

作業療法学科 4年 小沢 和真さん (旭川工業高等学校 出身)

実習を通して学んだこと
小沢 和真さん

 学内では、相手の言葉や気持ちを汲み取り寄り添う支援を学んでいますが、実習ではそういった感情を表出出来ない対象者と関わる機会もあり、実習を通して改めて人との関わりの難しさ・奥深さを学びました。もっと経験を積んで、患者さんの為に何が出来るのかを追求していきたいと思います。

カリキュラム

早期からのゼミや各教員の臨床経験に基づいた魅力的なカリキュラム

1年生から始まるゼミや施設見学、2年生での介護を取り入れた実習など、作業療法の世界に触れる機会を多く持ち、興味や関心を広げたり様々な対象者や医療職と関わっていけるようなコミュニケーション方法を学んでいきます。また、心身の構造・機能から疾患・障害についての理解を深める専門基礎科目や作業療法学などの専門科目を通し、多くの知識と技術を身につけます。

1年次 -医学の基礎を身につける-

解剖学、生理学、運動学などを通して、作業療法の『基礎』を学びます。

基礎分野
  • ・心理学
  • ・倫理学
  • ・文章構成法
  • ・社会福祉論
  • ・人間関係論
  • ・物理学
  • ・情報科学
  • ・英語 Ⅰ
  • ・保健体育
  • ・保健体育実習 Ⅰ
  • ・コミュニケーション論
  • ・総合医学
専門基礎分野
  • ・解剖学
  • ・解剖実習
  • ・生理学
  • ・生理学実習
  • ・運動学 Ⅰ
  • ・人間発達学
  • ・リハビリテーション医学
  • ・リハビリテーション概論実習
専門分野
  • ・作業療法概論 Ⅰ・Ⅱ
  • ・地域作業療法学 Ⅰ
  • ・臨床実習 Ⅰ

2年次 -専門分野の知識と技術を習得する-

作業療法の基礎といえる評価・治療について学習。専門分野への理解を深めます。

基礎分野
  • ・保健体育実習 Ⅱ
  • ・英語 Ⅱ
専門基礎分野
  • ・運動学 Ⅱ
  • ・運動学実習
  • ・生化学
  • ・病理学
  • ・整形外科学
  • ・神経内科学
  • ・精神医学
  • ・一般臨床医学
  • ・小児科学
  • ・保健医療福祉制度論
  • ・医学概論
  • ・内科学
専門分野
  • ・作業療法概論 Ⅲ
  • ・基礎作業学
  • ・基礎作業学実習 Ⅱ
  • ・評価法 Ⅰ・Ⅱ
  • ・義肢装具学・実習
  • ・日常生活活動 Ⅰ
  • ・日常生活活動実習 Ⅰ
  • ・精神障害 Ⅰ
  • ・身体障害 Ⅰ・Ⅱ
  • ・身体障害実習 Ⅰ
  • ・老年期障害 Ⅰ
  • ・地域作業療法学実習

3年次 -臨床体験を活かし知識を磨く-

学内外でのさまざまな経験を通して専門性を高め、ワンランク上の作業療法士を目指します。

基礎分野
  • ・臨床心理学
  • ・脳神経外科学
専門基礎分野
  • ・日常生活活動実習 Ⅱ
  • ・身体障害実習 Ⅱ
  • ・精神障害 Ⅱ
  • ・精神障害実習 Ⅰ・Ⅱ
  • ・発達障害
  • ・発達障害実習
  • ・老年期障害 Ⅱ
  • ・高次神経障害
  • ・地域作業療法学 Ⅱ
  • ・生活環境論
  • ・臨床実習 Ⅱ・Ⅲ

4年次 -実践力を高めて国家試験に挑む-

長期の臨床実習を体験。高い実践力を身につけ、国家試験対策に力を入れます。

専門分野
  • ・作業療法特論
  • ・卒業研究
  • ・卒業研究実習
  • ・臨床実習 Ⅳ
  • ・基礎作業療法学演習
  • ・作業療法評価学演習
  • ・作業療法治療学演習
  • ・地域作業療法学演習

卒業生 就職実績

在学中からの豊富な実戦経験で、現場に出てもすぐに活躍できる学生が多く、病院から高い信頼を得ています。

卒業生データ

平成27年度 国家試験合格率

国家試験合格率

平成26年度 国家試験合格者の就職率・全国求人倍率

国家試験合格者の就職率・全国求人倍率

主な就職先 (平成23~26年度)

卒業生は北海道内の保健、医療、福祉の現場で活躍しています。

  • ・旭川圭泉会病院
  • ・旭川圭泉会病院デイケアなごみ
  • ・旭川高砂台病院
  • ・芦別慈恵園
  • ・中野記念病院(芦別市)
  • ・大雪病院
  • ・大西病院
  • ・介護老人保健施設 浦河緑苑
  • ・北見赤十字病院
  • ・慶友会 吉田病院
  • ・小林病院
  • ・札幌佐藤病院
  • ・製鉄記念室蘭病院
  • ・総合東京病院
  • ・町立中標津病院
  • ・手稲渓仁会病院
  • ・道北勤医協一条通病院
  • ・三愛病院(登別市)
  • ・豊岡中央病院
  • ・伊達赤十字病院
  • ・野口病院(小樽)
  • ・函館渡辺病院
  • ・林下病院(札幌市)
  • ・東ヶ丘病院
  • ・聖ヶ丘病院(伊達市)
  • ・富良野協会病院
  • ・メイプル病院
  • ・森山病院
  • ・森山メモリアル病院
  • ・滝川脳神経外科病院
  • ・道央佐藤病院(苫小牧市)
  • ・旭川三愛病院
  • ・旭川赤十字病院
  • ・イムス札幌内科リハビリテーション病院
  • ・介護老人保健施設エーデルワイス
  • ・滝川中央病院
  • ・永生病院(東京都)
  • ・大川原脳神経外科病院
  • ・帯広厚生病院
  • ・介護老人保健施設 旭泉苑
  • ・株式会社ツクイ/コミュニティホーム美唄
  • ・札樽病院
  • ・北の峰病院
  • ・整形外科進藤病院
  • ・函館新都市病院

|



ホームへ
ページの先頭へ